Vida Maravilhosa

ブラジルにはまり、その後ラテンカルチャー全般にはまった私のプライベートな日記や日々感じたことを書いてきます♪コロンビアーノの旦那と2007年に生まれた女の子と3人で暮らしてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oiビシクレッタ

土曜日に久しぶりにブラジル映画観に行ってきました その日(10/14)公開の"Oiビシクレッタ"って映画 SCAN1133-1.jpg
SCAN1134-1.jpg

ブラジル北東部の7人家族のお父さんが、家族を養うために月給1,000レアル(=approx.\50,000)稼げる仕事を求めて、Paraiba(パライーバ)ってとこからRio(ParaibaRio…約3,200km)まで家族を引き連れて旅をするってストーリー。その移動手段が、なんとチャリ!!それも7人いるのに4台だけで この、映画だからありえるウソみたいな途方もないこの話…実話らしいですひぇ~~ mapintro_3.gif
お父さんのRomanは、家族は絶対自分が養うって気持ちは男らしいし、そういう男気って最近の日本人がなくしてってるものだと思う。Romanは、頑固で、男としてのプライドを頑に持ってる、典型的なラティーノ!(あくまで私のイメージで、もちろん人によって違うと思います) でも、そんな彼に昔の日本のお父さん像がかぶります。亭主関白で、家ではお父さんの言うことが絶対だけど、家族は自分一人が養うって責任感とプライド持ってる。そーゆー人って日本じゃ近頃レア→でも、本人以外はこんなガンコな父親に振り回されてめーわく今じゃ共働きが当たり前の時代だしね。 そんなRomanが放った感動した一言… 途中、遊びたい盛りの年頃の長男が旅をやめて途中の町で残る、と言い出した時、お母さんはむりやり引き留めようとしたけど、彼は「親は子供の所有者じゃないし、子供が歩みたい人生を止めるべきじゃない」って言って息子の意思を尊重してた。う~ん、Romanなかなかやるな~。ただの頑固なだけの男じゃないね。 story_ph1.jpg
おすすめ登場人物は、無器用だけど、成長著しい長男(?!)のAntonioくん そして一番縁の下の力持ちのお母さん、そしてお笑いのキングコングの梶原にそっくりな歌うたいの弟くんに注目 そして音楽はブラジル人なら知らない人はいない!ってほど有名な歌手、Roberto Carlosの曲が使われてていい感じでした ロベカルはさすが大御所って感じで胸にぐっとくる曲が沢山なんですが、なぜかブラジルでは女の子が男に歌ってほしくない曲No.1らしいです。。(友達談01507.jpg
そして、話もさることながら、スクリーンから飛び出すブラジルの風景・雰囲気に、強烈なSaudadeがわーっと襲ってきました 澄んだどこまでも広~い青い空とか あ~ブラジル行きたい!!! 興味のある人は是非見てみて下さい♪ Oiビシクレッタサイト http://www.espace-sarou.co.jp/oi/
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
ブラジル大好き
踊るの大好き
海大好き
ビキニ大好き
ローライズ大好き
旅行大好き

最近の記事

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。